オーストラリアのようなおおらかな人達と働きたい

Blurred restaurant interior with salt and pepper on table

日本のようにギスギスとした人間関係で、人に頭を下げて、つらい労働をしているのなら、いっそ海外のしかも広大な土地で優雅に働きたい。そう思う人もいると思います。
例えば、オーストラリアならアルバイトで働くのもオススメです。ワーキングホリデー制度なら、正式なビザがなくても、比較的用意に働くことができます。広大な地域で、おおらかな人たちとフレンドリーに、わいわいお酒を飲みながら、楽しくかつお金も稼げて、心も体もリフレッシュできる、そんな夢のようなアルバイトだったら、オーストラリアでも行ってみたくなりますよね。

オーストラリアでバイトとして働くには

よくオーストラリア留学などは聞きますし、他と比べても比較的働きやすいです。学生ビザ保持者は、2週間で40時間までのアルバイトが可能です。夏休みの様な長期休みには無制限で働く事ができます。また、ワーキングホリデービザ保持者は、6ヶ月まで同一雇用主の下で働くことができます。これなら日雇いじゃなくても、長期間働くことができていいですよね。

実際に未経験でもオーストラリアで働ける?

未経験でも働けます。個人のスキルによってアルバイトの種類は異なりますが、日本食レストラン、免税店、ツアーガイドなどの旅行関連、などが人気です。日本人向けの仕事ですので多少の語学力でも大丈夫です。また、フルーツピッキングなどは、日本人にとってポピュラーなアルバイトです。日本人相手ではないですが、人とのコミュニケーションは雇用主くらいなものですから、あとは黙々とこなせばいいのです。
上級者向けには、都市部などで、飲食業として、ウェイター、 ウェイトレスなどがあります。語学力も必要ですが、簡単な接客のためのワードだけ覚えれば、業務はできますし、日本とも共通してますから覚えやすいと思います。

現地の人として雇われるには

外国人として働くと、日本と同じように、働く場も限定され、給与もそれほど高くありません。それよりも英語力を磨いて、スキルアップしていこうと意欲がある人は、英語で自己アピールして、仕事をゲットしましょう。オーナーはもちろん外国人ですし、逆にそれとも渡りあえるようでしたら、現地人と同じような給与ももらって、うまく働けるでしょうから、ただ短期間だけ外国で働きたいのなら、それなりの仕事がありますし、長く現地に住むくらいの勢いでやりたいなら、語学力を身につけてやっていけばいけます。