「明日から地方に飛んでくれ!」アルバイトでも出張することってあるの?

アルバイトでも出張する場合があります。出張といっても近隣のチェーン店舗へのヘルプといったものから飛行機での移動や宿泊を伴なうものまで業務内容によって様々なパターンがあります。

出張した場合の手当ってどうなってるの?

それぞれの会社によって手当ての出し方は違いますが、基本的な交通費や宿泊費などは会社が手配してくれる場合がほとんどです。報酬に関しても日ごろ勤務している時と同様に日当もしくは時給が支払われることになります。出張先にいるとはいえ、いつもの勤務場所で働いているのと基本的には変わりませんね。
会社によっては正社員同様に出張手当てがもらえたり食費がもらえたりする場合もあります。それらは各社のルールにより違いますので、もし出張を依頼されたら条件面は上司に確認しておきましょう。

出張を依頼されたら行くべき?

日帰りや宿泊など様々なパターンはあると思いますが、せっかくいつもと違う場所にタダで行けるのですから行かない手はありません。チェーン店でのアルバイトですと、同じオペレーションルールを持っていたりするのですが、店舗ごとに工夫や特色が違うのでいろんな気付きがあって勉強になると思いますよ。もちろんスケジュールが合わず厳しい場合は無理して行くべきではないでしょう。

どんな仕事だと出張があるの?

業種によってさまざまですが、全国にチェーン店舗がある飲食店や量販店など経験を積んでいると出張する可能性はあります。地方の大型ショッピングモール内のテナントに店舗が入る場合などにオープニングスタッフの教育や開店後のフォローなどで1日~1か月程度出張するような場合があります。社員も当然ながら出張しますが、現場オペレーションを教えるのは既に店舗で経験積んだアルバイトが行うのが適任です。
ただし、通常は会社の将来を担う人材である正社員を出張に行かせて経験を積ませる方が会社にとってはメリットがあるので、アルバイトで出張に行くということをあまり期待し過ぎない方がいいかもしれません。

まとめ

まとめるとアルバイトでも出張することがあります。手当は各社の事情によりますが予定が合うのであればいい経験になるでしょう。ただし通常は正社員が優先されるためあまり期待し過ぎないようにしましょう。
それでもアルバイトのあなたに声がかかったのならば期待されている証拠です。思い切り出張先で力を発揮しましょう。