Menu

スターバックスのバイトはすごい



周りの友達や仲間のバイト経験を聞いたりすると、なんだ全然自分と違うじゃないかと、うらやましく思ったりするものですよね。スターバックスで働く人はすごいことが多く、そもそも採用率が低く、1人の募集枠の求人に対して、応募してくるのが、少なくても30人、多くて70人程度と言われています。そのなかで採用されるのは2、3人ほど。倍率で20倍程というなかなか狭き門で、なにかのオーディションのようです。

スターバックスのアルバイトはエリート?

さきほどの採用率をみると、かなりの高確率でなかなかのエリートにみえますね。それもそのはず、現在、スタバの店舗数は1030店舗ほど。従業員数は1店舗平均40名ほどで、このうち2~3人が正社員、残りがアルバイト従業員なのですが、採用されるにもかなり狭き門、しかもは週1~2日勤務の学生のアルバイト従業員はすぐやめていくのに、採用募集するたびに、応募は殺到する。なにがいいのでしょうか。

スターバックスのアルバイトに採用されるには

学生時代になにをアルバイト経験でしたかによって、就職試験にも左右します。学生もそのためにアルバイトを選びます。当然、有利になるバイトを選んだ方がいいのですが、スタバのバイト面接に通ると、倍率の高い大企業の内定が簡単にもらえるというほど、採用されたら、もうある程度のどこでも働けるほどの人間力が携わっているとみなされるのです。
スターバックスの採用基準は明確に規定されていないのですが、その人が持つ雰囲気や空気感、清潔感などかなり人間力によるものとされています。サービス業ですから、スキルというよりコミュニケーション力や印象による外見のさわやかさなどが基準となります。ちなみに面接は店舗の客席で行われ、ドリンクも無料でいただくことができます。何を頼んだら正解というのはないでしょうが、そこから面接はスタートしますので、緊張しますよね。

スターバックスはホワイトアルバイト

ブラックアルバイトといって、サービス残業を強いられたりするのが社会問題化していますが、スタバはそんなことありません。スキルを持っている人はどんどん評価され、ブラックエプロンという黒いものを身につけている人は、コーヒーのスペシャリストとして、認定試験にパスした人です。4ヶ月毎にストアマネージャーとの面談を行い、昇格をして給与も上昇します。また、全店舗で使える商品の15%割引購入が出来ますし、社会保険や労災、交通費の支給などきちんとした福利厚生が整備、シフト調整も融通が聞くという徹底ぶり、これは狭き門をくぐり抜けた特権ともいえて、うらやましいです。