Menu

お店の人はバイトをどう捉えているのか!?



シフトを急に入れられたり、ミスをするとすぐ怒鳴られたり、新入りの人が入るとすぐやさしくして、ベテランの人には仕事をきっちりやるように厳しかったり、私たちアルバイトの事をなんだと思っているのかって、時に思う事がありますよね。実際、お店、例えばレストランなどだと、店長以外はすべてアルバイトで構成されていることなんてザラなので、アルバイトがいないと店が回らなくなってしまうことはよくありますよね。それなのに、店長はじめ雇用主の方は、態度がでかくて、入れ替え可能な人員、まるでロボットのようにしか思ってないのではないでしょうか。

お店をやめたい時

お店の店員がいかにアルバイトに接するかによって、店が成り立つか、業績が伸びるかに直結します。例えば、急にバリバリ働いていたバイトリーダーがやめてしまったら、また次の存在を育成しないといけないですし、そのための費用も時間もかかります。
雇用者側としては、そういう場合引き止めるのは間違いないでしょう。店の都合や解釈を押しつけず、アルバイトが「なぜ辞めたいと思っているのか」を話してもらい、真摯に受け止めることが店側にとってやるべき行為です。このように自分の話を聞いてくれる店だったら、続けているのもありかもしれません。
その場合、続けると決めた後、アフターフォローとして、事後ミーティングを開き、要望事項が改善されたかなどしてくれる店はいい店だと思うので、そこでお店がいい店か、辞めるといった時にわかってしまいます。

正社員に誘われた時

お店から評価され、バイトから正社員にならないかと誘われれば、誰だっていい気になります。ただし、名目だけ正社員になるだけなら、きちんと評価もされてないでしょうし、辞めた方がいいかもしれません。いい店は、自分自身も成長できたと実感できる、仕事内容であり、給料として明確であると言えます。

まとめ

今働いている店が、いいところかどうかは、正しい人事評価制度のもと、好き嫌いや感覚などの私情をはさまず、冷静に評価するされているかは実際のところ重要です。普段から、この業界の魅力や、ここで働くことの利点を言われたりしていたら、実はお店側の策略で、あたなを正社員にしたがっているために、下準備として口説かれているかもしれません。お店を選ぶのもバイトの権利なので、この際、試しに、やめると言ってみてはどうでしょうか。