面接で必ず聞かれる質問とは!どう答えたらバイトに受かるのか

就職試験でも、ボランティアの活動グループに入るのでも、集団に入るにはまず、面接というものがあります。自分の名前から住所、生まれや学歴、職歴や趣味や特技など自分のパーソナルなことまで諸々聞かれ、まるで自分をさらけ出さないといけないという、自分を出したくない人にとっては、なかなかバイトをはじめるのにも、面接があるからちょっと尻込んだりしてしまいますね。ですが、面接は必要不可欠なもの。個人的なことを発表するのではなく、単純に勤務時間や勤務日などお店に仕事として戦力になるか、採用したら働いてくれるのだろうかということも考慮に入れて、店側も質問するので、質問は用意しとかないと いけない。

面接で必ずと言っていいほど聞かれる質問

だいたいどこのバイトの面接にいっても聞かれることは同じようなことが多いでしょう。それはどこの店舗も、聞きたいことが同じであるということです。何回かバイトを経験すると、どう答えたら受かりやすいとか、どう答えたら、バイトに落ちやすいのかという傾向や対策が見えてくると思います。答えを用意すると、圧迫面接じゃないですけど、トリッキーな経営者だと謎の質問もぶつけてくることもあると思うので、あれこんなはずじゃなかった。いきなり質問されてどう答えたらいいかあたふたしてしまった、など困る事も多いのではないでしょうか。

よく聞かれる質問の想定問答

まず、どこでも聞かれるものとして、このバイトを選んだ理由はなぜですか?と聞かれます。要は志望動機なんですが、店側としては、単純にこの店が好きでいてほしいし、なにか特別な感情があったほうが恋愛と同じように、店側もこの人と一緒に働きたい、お互いいい気分で働けるのです。いやいや働かれても店側としては嫌ですし。また、なぜ辞めたかもよく聞かれます。これは、ばっくれたりしたことを正直に言う人もなかなかいないと思いますが、正当な理由でやめた常識のある人かが問われます。また、一番というか、なんて答えたらいいのか、試されているのかと思うような質問として、最後に質問はありますか?というのがよく聞かれます。これで、なにも答えなかったりしたらやる気がないと思われて落とされてしまうと思う人もいると思いますし、なにかこたえなきゃと、いらない質問をして、逆に首をしめる結果にもつながります。ですが、これは、実際働いた時のお店側と、働く人の思い違いをなくすために聞く。ためなので、なければなくても問題ないのです。