有給休暇ってアルバイトも利用できるの?有給休暇に関するルール

有給休暇とは、労働者の休暇日の中で、企業から賃金が支払われる休暇日のこと。労働者は、毎年一定数の有給休暇を与えられます。この有給休暇、よく正社員だけの権利だと思われがちですが、実は違うんです。アルバイトも、れっきとした一人の労働者。もちろん有給休暇を取得する権利があります。しっかりとルールを理解した上で、有効に有給休暇を利用していきましょう。

有給休暇が与えられる条件

法律上、正社員もアルバイトも同じ労働者という立場です。そのため、基本的に有給休暇が与えられる条件も同じです。労働基準法39条によると、6ヶ月間、同じアルバイト先に継続して勤務し、所定労働日の8割以上に出勤した場合、有給休暇を取得できる権利が与えられます。そして、そこからは勤続年数が長くなるほど、与えられる有給休暇は増えていきます。例えば、フルタイム労働者の場合だと、最初の6ヶ月で与えられる休暇数は10日、1年6ヶ月で11日、2年6ヶ月で12日というように、休暇数は増加していきます。

労働日・労働時間によって有給休暇の日数は変わってくる

週1日しか働いていない人が、週5日勤務してる人と同じ数の有給休暇を与えられるのはおかしいですよね。そのため、与えられる有給休暇というのは、労働日や労働時間によって異なります。先ほど少し触れましたが、フルタイム労働者、つまり、週所定労働時間が30時間以上、あるいは週所定労働日が5日以上の場合は、最初の6ヶ月で10日の有給休暇が与えられます。これに対し、週所定労働日が4日の人の場合は、最初の6ヶ月で7日の休暇が与えられます。労働日5日の人と比べて、3日少なくなっていますね。同様に、労働日3日の人は5日、労働日2日の人は3日と減少していきます。自分はどのくらいの日数もらえるのか確認しておきましょう。

有給休暇を取得するときは気遣いを

アルバイトだからといって、遠慮する必要はありません。有給休暇を活用して、上手くアルバイトと付き合っていきましょう。しかし、取得する際は、周りへの配慮を忘れないよう気をつけて下さい。まず、有給休暇を取得するなら、できるだけ早めに申請するようにしましょう。当たり前のことですが、企業としても急に「休みます」と報告されても手の打ちようがないですよね。早め早めの申請を心がけましょう。また、繁忙期は避けた方が無難です。忙しい時期に従業員が一人抜けるのは、思っている以上に負担になります。職場の状況を見て、迷惑にならないかどうか考えてから取得するようにしましょう。