バイトも対象? 知っておいて得をしよう有給休暇の真実とは!

有給休暇の消費率がニュースで取り上げられているのを見たことがありますか? この有給休暇の消費率は、会社のブラック度合いホワイト度合いを計る上で重要な基準です。
でもそれって正社員の話で、バイトには関係無いんじゃないの? そんなことを考えてはいませんか?
じつはそんなことありません。アルバイトにも有給休暇が発生するのです。今回はアルバイトの有給休暇について紹介します。

労働基準法はどのように定めているのか?

日本の労働者の労働環境などについて規定された労働基準法は、全ての労働者を対象としています。もちろん、アルバイトやパートタイムワーカーも労働者です。
では、労働基準法にはなんと書かれているのでしょうか。
「労働基準法39条 年次有給休暇 使用者は、その雇入れの日から起算して6ヶ月間継続勤務し全労働日の8割以上出勤した労働者に対して、継続し、又は分割した10労働日の有給休暇を与えなければならない」
このように、6ヶ月以上勤め、雇用契約時に決められた労働日数の8割以上を出勤すれば、10日間の有給休暇が貰えるのです。

働いた期間が長いほど沢山貰える

有給休暇は勤め先での労働期間が長いほど、多くの有給休暇をもらうことができます。
1年6ヶ月以上の労働で11日、2年6ヶ月で12日、3年6ヶ月以上で⒕日と、以降1年ごとに2日ずつ増えていきます。
ただし、この条件で有給休暇をもらうには、週の労働時間が30時間以上、週5日以上の出勤、年間労働日数217日以上と決められています。
さすがに学生のアルバイトでは、こんなに働くことはできませんね。では、学生アルバイトでも有給休暇は貰えないのでしょうか。

学生アルバイトは何日もらえる?

上記で紹介した労働時間を下回っている場合でも、有給休暇は貰えます。
例えば週1日しかアルバイトをしない人は、年間の労働日が48日以上72日以下なら、半年後から有給休暇が1日発生するのです。
週2ならば73日以上120日以下で3日、週3ならば121日以上168日以下で五日、週4は169日以上216日以下で7日の有給休暇が、雇入れから半年後以降に発生するのです。

有給休暇には期限がある

正社員でさえ申請していないという環境で働いている場合、アルバイトの自分が申請して良いのだろうかと気後れする方も少なくないでしょう。
しかし、そのまま申請しないでいると、せっかく発生した有給休暇の権利が消滅してしまうのです。
有給休暇を溜に溜めて、1ヶ月ほど一気に申請されては、企業からしたら仕事が立ちゆきません。そこで、有給休暇は2年間の期限が設けられています。2年より前の有給休暇は、申請ができないのです。
せっかくの権利をわざわざ捨ててしまうのはもったいなくありませんか? 有給休暇申請の権利を持っている人は、ぜひ申請しましょう。