面接をする前から勝負は決まっている!面接を受ける前に準備すること

バイトの合格不合格はその日の面接ですべてが決まると思っている人も多いと思いますが、そんなことはありません。バイトの面接までにやるべきことはたくさんあります。テストなどでも事前に勉強しますし、オーディデョンなども事前に練習をしておかなければなりません。そうなんです、勝負はすでにその準備期間から始まっているのです。たまに学生時代にこんな人がいたと思います。テストの当日、俺全然勉強してないわー、絶対0点とるわーとかいいながら、テストが返ってきたら、100点に近い点数をたたき出していて、人間って見栄を張る生き物なんだなーと実感することもあったと思います。なので準備なくして合格はないのです。実際に何をしとけばいいのでしょうか。

面接場所を事前に調べておく

当たり前かもしれませんが、例えば遊びでもなんでも目的地にいくには、電車や自転車などでどのくらいかかるか計算するものです。そして、駅についてから歩くとどのくらいかかるのか、入り口はどこにあるのか。もちろん電車が遅れることもありますし、乗り換えがスムーズにいかないこともあります。入り口がわからなくてあたふたしたり、自転車がパンクすることがあるかもしれません。一番してはいけないことは面接に遅れることです。これをすると、この人は仕事も遅れる人なのかと、まず第一印象が悪くなりますし、もうマイナスイメージから出発しないといけないので不利になります。意外と、多くの人が遅れがちです。あまり早くて一時間前に来たりしたら迷惑ですが、10分前くらいにつけるのがベストです。

受ける勤務先を調べておく

よく飲食店の面接で、前々から飲食業に興味があってなど思ってもない事を言ってしまい、あとで経営者になりたいのとかを突っ込まれたらあたふたしてしまうこともありますが、逆にお店やその業種に興味なさすぎるのも問題です。最低限どのようなことをするのか、どのようなお店なのか、面接が決まってからお店に行くと気まずいですが、人伝えに聞いたり、ホームページなどである程度調べておくのが理想です。

面接のシュミレーションをしておく

なにも準備しないでいくと大概失敗します。例えばスピーチでも舞台俳優でも、事前にある程度しゃべることを決める、練習して決めておき、当日、想定とちがうことを言われてもある程度対応できるようにしておかなければなりません。